格安航空券が売り出されるタイミング

- 格安航空券が売り出されるタイミング

更新情報

アーカイブ

格安航空券が売り出されるタイミング

格安航空券を手に入れたいと思ったときに重視することはなんでしょうか。

最初にどこで買うのか考える人が多いですが、一番安く手に入れるためには実はタイミングが重要です。

直前に買うのと2か月前に買うのとでは

格安な航空券
直前に購入する人と、2か月前から購入している人ではかなりの金額の違いがあることを知っているでしょうか?乗る日の直前にチケットは購入している人が多いですが実は、これでは割引はほとんどなく、正規価格での購入ということになるのです。ですから一番高いといっても過言ではないでしょう。航空会社によって1週間単位で搭乗する日から逆算して、その時期に合わせた値段を設定しているところも多いですから、場合によってですが、2か月前から購入していれば直前と比べると7-8割程度安くなることもあるのです。元々設定している値段がとても低く、割引率が悪い会社でも3割程度安くなることが多いことが特徴です。

よほどの事情がないのであれば

よほどの事情がないのであれば航空券は当日や前日に買うものではありませんので、早めに用意しておいたほうがいいでしょう。また最近人気のLCCにおいては、当日は空席がもうすでにないこともありますので旅行に出かける日が決まったのであれば、早めに用意しておいたほうがいいでしょう。搭乗する日が決まると同時にチケットを確保しておいたほうがいいでしょう。

国際線なら8週間前が狙い目

国際線においては8週間前に購入することが狙い目と言われています。国内線は予約時期が早くなれば早くなるほどかなり割り引かれる仕組みです。しかし国際線はこのとおりではないのです。国際線の場合は8週間前に購入するのが一番安いというリサーチ結果が出ているのでこれを元にチェックしておくといいでしょう。

国際線のタイミング

下から見る飛行機
国際線で格安チケットを手に入れるタイミングですが、海外の航空会社とも関係していることもあり、あまり極端に早期予約をすると対応できないことも多いでしょう。こうした場合は予約サイト(格安ネット航空券予約サイト)、代理店で一度予約を受け付けてから航空会社が予約を開始させるまで情報を預かることになります。その手数料を考えると大半の航空会社が正式に予約をスタートさせる8週間前に予約を入れたほうが安いということがわかっているのです。もしこれから海外旅行へ出かけるにあたって格安航空券を手に入れたいと思っているのであれば、8週間くらい前に予約を入れるのが一番であると覚えて奥といいでしょう。航空券を予約する時期、タイミングによってかなり値段が違ってきますので、それぞれにとってお得なタイミングで購入することができる方法を探してみるといいでしょう。

高い時期を知る

空港にある飛行機
ちなみに航空券が高くなる時期があります。その時期はいつなのでしょうか。それは需要が高い時期が値段も高い時期となります。大半の人が旅行を計画する時期、つまり年末年始やゴールデンウィーク、お盆休みは高くなってしまいますので注意したいものです。この時期はどうしても利用者が多くなりますので、値段も跳ね上がり格安航空券であってもほかのオフシーズンの比べるとかなり高めに設定されているのです。逆にやすい時期は、それらの休みの前後ということになりますのでこれもひとつの目安として覚えておいてもいいでしょう。

格安航空券の売り出されるタイミングは様々ですが、国内、国際線でも違いがありますので、よく理解した上でベストタイミングで購入することができる方法を検討するといいかもしれません。

Copyright(C)2016 格安航空券が売り出されるタイミング All Rights Reserved.